カンボジアのコロナワクチン接種について

  • カンボジアのコロナワクチン接種について

    2021.03.15

    こんばんわ。
    私、カンボジア・プノンペンの不動産投資、土地投資、不動産開発、アジア不動産投資、カンボジア土地開発、住宅販売での高利回り物件、コンドミニアム販売、コンドミニアム建設を行い日本人投資家さん達のご要望に合わせて最適・最良の投資案件を探す仕事をしているビンセントです。
    最近の趣味はビットコインです。笑

    コロナの影響もあってかビットコインと同様に「海外不動産投資」に興味を持つ方が増えているように感じますがインターネットや書籍では最新の現地の情報が得られず、国内不動産投資と比較するとリスクが高いように感じる方が多いようです。
    しかし果たして本当にそうでしょうか。

    我々のプロジェクトに投資してくださる投資家さんたちはあまり日本を見ていないように感じます。
    直近では日本でいくつもの不動産投資を経験してカンボジアでも投資を検討している方からのお問合せがパラパラ増えております。

    予定していたオリンピックも予定とおりにいかず、コロナも未だ終息していない状況下ですのでそれもそうかなとも思います。
    我々カンボジアでもCOVID-19が日本と遅れること1年で爆発し始めました。

    しかし同じタイミングでワクチンも到着しました。
    自ら先頭に達ワクチンを接種するフン・セン大統領です。

    カンボジア コロナの不動産投資の影響

    奥様も
    カンボジア コロナの不動産投資の影響
    カンボジア コロナの不動産投資の影響

    上記フン・セン首相Facebookより引用

    フン・セン首相はイギリス製のアストラゼネカ製の新型コロナウイルスのワクチンを接種したみたいです。
    一昨日くらいにアストラゼネカ製がストップになったと聞いたような…記憶がありますが…
    カンボジアでは2月10日からワクチンの接種が始まり、すでに約10万人が終えています。
    フン・セン氏は中国指導部と親密で、当初は中国製(シノファーム)を選ぶと表明していたようですが
    対象年齢以上だったようでアストラゼネカを選んだみたいですね。

    みんな「いいね!」のポーズで摂取するのが首相以降決まりのようにしています。
    ポジティブなイメージ戦略かもしれませんね。
    医療従事者も楽しそうに働いている写真がFacebookに大量に投稿されています。

    なんとか乗り越えたいですね。

  • CATEGORY